トップページ > Information > 「CEATEC2011」ARIBブースおいて電波功績賞受賞概要を紹介します

Information

「CEATEC JAPAN 2011」ARIBブースおいて電波功績賞受賞概要を紹介します

2011年9月13日

本年6月、『地上デジタルテレビジョン放送の難視聴解消に向けたギャップフィラーの実用化促進』について、
第22回電波功績賞一般社団法人電波産業会会長賞を受賞しました。
その関係から、一般社団法人電波産業会(ARIB)のブースにて、 ビデオ、パネル、開発機器などで
受賞概要を紹介させていただきます。
展示する開発機器は、「災害停電時対応ギャップフィラー」を紹介します。
このシステムは、災害等による停電時も最小限の電力により地上デジタル放送を放送することができ、
災害発生時にも必要な情報の伝達が実現できるものです。
皆様のご来場を、心よりお待ち申し上げます。

展示内容

  • 電波功績賞受賞概要(ビデオ、パネル等)
  • 災害停電時対応ギャップフィラーシステム

展示日

2011年10月8日(土)午前10時~午後5時
会期は2011年10月4日(火)~8日(土)

会場

幕張メッセ 千葉市美浜区中瀬2-1
CEATEC JAPAN 2011」会場内ARIBブース(ホール4 4B30)

主催

(社)電子情報技術産業協会(JEITA)/(社)情報通信ネットワーク産業協会(CJAJ)/(社)コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)

公式サイト