トップページ > 開発システム > デジタル放送システム

開発システム

デジタル放送システム

これまで、デジタル放送システムは、使用条件が複雑なため高価でしたが、今回、キーパーツを開発し、使用条件を単純化することによりターンキー・ソリューションが可能となりました。

デジタル自主放送システム

キーパーツを用いてデジタル自主放送システムを構築し、ターンキー・ソリューションとしてご提供します。

  • 伝送系はOFDM、64QAMどちらとも可能です。
  • 地域情報サービスに好適なデータ放送システムをオプションとして追加できます。BMLデータオンライン化も可能です。
  • ケーブルインターネットサービスシステムの構築などについてもご相談を承ります。
  • その他、デジタルヘッドエンド全体の構築、VODサービス、ストリーミング配信サービス等のシステム構築についてもご相談を承ります。

ケーブルテレビ局様向け デジタル自主放送システム

簡易デジタルマスター送出システム

キーパーツを用いて簡易デジタルマスター送出システムを構築し、ターンキー・ソリューションとしてご提供します。

  • 送信系との接続は、OFDM変調・IF-STLインターフェース接続、RE-MUX出力・TS-STLインターフェース接続どちらも可能です。無線系STL/TTL、光ファイバSTL/TTLについてもご相談を承ります。
  • プレイアウト系との接続、HD化、サーバ化、オートメーションのインテグレーションも承ります。
  • 地域情報サービスに好適なデータ放送システムをオプションとして追加できます。BMLデータオンライン化も可能です。
  • 字幕放送システム、ワンセグ(地上デジタルテレビ携帯・移動体向けサービス)等のインテグレーションも承ります。

地上デジタル放送局様向け 簡易デジタルマスター送出システム

キーパーツのご紹介

ENC/MUXコントローラ

編成システム(DS)からのインターフェース情報または、ローカル制御情報により、PSI情報、ENCの音声モード制御、TMCC制御、緊急警報制御フラグ、MUX・スクランブラ制御情報の生成・出力を行います。

ENC/MUXコントローラ

SI/EPGシステム

編成システム(DS)または手動入力した番組情報より、EPGのもととなるSI情報(EITの他、SDT、CDT、TOT)を生成し、TS化して送出します。最大3チャンネルの送出に対応しています。

SI/EPGシステム

HD/SDエンコーダ

入力されたHD/SD映像信号をMPEG-2Videoにエンコードして、TS信号として出力する装置です。音声は、AAC方式5.1チャンネルに対応しています。

HD/SDエンコーダ

HD/SDエンコーダ

[ 仕様 ]
映像:MPEG2Video MP@HL、422P@HL、MP@ML、422P@MLに対応
音声:MPEG2Audio AAC(2ch、5.1ch)BC、音声モードコントロール対応
出力:DVB-ASI 2系統

ISDB-T OFDM変調システム

各種制御情報TS、本線映像・音声符号化TS、データ放送TSなどを階層化RE-MUX(ISDB-MUX機能)し、OFDM変調します。

ISDB-T OFDM変調システム

ISDB-T OFDM変調システム

TS文字スーパー装置

外部からの文字情報を受け取り、デジタル放送に対応した文字情報TS信号として送出する装置です。アナログ放送の文字スーパー装置と異なり、映像TS信号とは独立したTS信号として送出します。受像機に強制的に表示させる、受信者側で選択的に表示させることなどが可能です。同時に警告音も付加することが可能です。

TS文字スーパー装置

TS文字スーパー装置

データ放送システム

ARIB標準規格、運用仕様に準拠したBCMLインターフェースにより入力されるBMLデータ放送情報をもとに、データカルーセル・セクションデータTS送出を行います。システム内のサーバエリアにコンテンツを蓄積し、スケジュールに従って自動送出することやテンプレートを使用したリアルタイムのデータ更新サービスが可能です。

データ放送システム

データ放送システム

お問い合わせ

ご質問・ご相談・お見積