トップページ > 開発システム > 観光・防災情報発信型Wi-Fiシステム

開発システム

観光・防災情報発信型Wi-Fiシステム

観光・防災情報発信型Wi-Fiシステムとは、平常時は、通常のWi-Fiアクセスポイントとして動作し、
行政情報や観光情報を配信する事で地域活性化に貢献します。
災害時等には、Wi-Fiマルチキャスト方式により避難所や市役所、病院などに設置した
アクセスポイントから放送型の情報配信をスマートフォン等に向けて配信可能です。

マルチキャストとは、多くの端末(スマートフォン等)に対して同時にデータを、配信できる方式です。
マルチキャスト機能は株式会社電通国際情報サービスのpotaVee(ポタビ)により実現しています。

主な特長

  • 高画質映像をマルチキャストで配信可能 (H.264/1.2Mbps)
  • 管理用端末から即座に文字情報を更新可能
  • HTMLコンテンツを表示することができます
  • 平常時/災害時の切替方法も豊富
    • 監視機能による自動切替
    • 接点による遠隔切替(ハードウェア切替)
    • Webによる遠隔切替
    • メールによる遠隔切替
    • J-アラートとの連携による切替も可能
  • 使用できる入力素材が豊富

    使用できる入力素材

  • インターネットに接続しなくても利用可能
  • 中規模ネットワーク・小規模ネットワークシステムに適応
  • 多言語音声対応・多言語文字配信
    ※詳しくは、お問合せください。

※本システムは、株式会社 ヴィレッジアイランドとの共同開発品です。
※potaVee(ポタビ)は、株式会社電通国際情報サービスの登録商標です。
※記載内容は予告なく変更する場合がございます。
※Wi-Fi は、Wi-Fi Alliance の登録商標です。

お問い合わせ

ご質問・ご相談・お見積