データ放送送出システム
データ放送制作システムと組み合わせてデータ放送システムを構成する、データ放送送出システムです。デジタル放送システムと連携して容易にデジタル放送を送出することが可能となります。
主な特徴
  • ARIB標準規格、運用仕様に準拠した小形データ放送送出システムです。
  • BCMLインターフェースでBMLデータを扱えます。
  • データカルーセル・セクションデータTS送出が可能です。
概要
送出
  • 独立送出を可能とするため、PSI系のセクション送出可能です。
  • 送出系と制作系のI/Fは、BCMLファイルおよびモノメディアファイルです。
  • 送出は最大10ch同時、最大合計伝送レート10Mbpsです。
構成
  • 独自編成機能以外に、上位からの編成を受け付けることが可能です。(どちらにするかを選択できますが、混在はできません。)
  • 柔軟な素材差し替え、再編成による緊急送出対応ができます。
その他
  • 接点による監視I/F、監視LANによるステータスI/Fを実装しています。
データ放送システム概要図
仕様・機能
OS Windows 2003 Server, Windows XP
外部インターフェース 信号出力 DVB-ASI(188byte)
LAN Ethernet
接点出力 2接点(無電圧)
ch設定 最大10ch
伝送レート 最大10Mbps(トータルビットレート)
送出セクション登録 PSI/SI登録
PMT登録
イベントテンプレート作成 日と週テンプレートを作成。最大2ヶ月先まで自動展開
イベント編成 テンプレート内容から編成データを修正、番組編成の作成
上位編成装置データ取り込み
素材管理 BCML登録方式、モノメディア更新方式
送出制御機能 独自編成送出(本システムの編成端末のみを用いる場合)
上位編成送出 ※1
chごとの送出対応
時刻校正 NTPサーバーより校正
監視機能 OA画面にて送出状況の確認
ログアラーム内容の確認
接点によるアラーム出力
DSM-CCデータカルーセル化機能 DII/DDBの作成
イベント停止時の空カルーセル送出
マルチパート形式対応
ZLIB圧縮対応
MPEG-2 TSパケット化

※1 上位編成のファイルフォーマットに合わせる場合は、別途費用がかかります(編成ファイルフォーマットが本システムと同一の場合は、費用はかかりません)

お問い合わせは下記までお気軽にご連絡下さい
(月~金曜日AM9:30~PM6:00)

NHKアイテック 営業本部
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-4-1
TEL:03-5456-4733


ご相談・ご質問・お見積り


TOP