TS同録装置(TSR-400)
デジタルTS信号をまるごと3か月保存
NHKアイテックは、10年以上にわたり放送局様向けに同録装置を開発・販売してきました。
これまでの実績と経験を活かし、放送事業様が安心してお使いいただける同録装置を提供します。
主な特徴
  • フレキシブル構成
    • ノンスクランブルで33Mbps、映像・音声・データ放送・EPGを保存
      3か月過ぎたものは上書き
  • 再生端末でハイビジョン映像・音声・データ放送を視聴可能
    • デジタルテレビでも視聴可能(オプション機能)
  • 再生端末は同時に4台まで閲覧が可能
    • TOT時刻内容、PIDパケットの同期、セクション内容・周期
  • EPGに含まれる文字情報を検索・一覧可能
  • TSファイルをDVDメディアフォーマットで出力可能
  • TS監視機能【オプション機能】
    • TOT時刻内容、PIDパケットの同期、セクション内容・周期
  • TSファイル変換機能【オプション機能】
    • TSファイルHD-SDI変換機能【オプション】
      • 同録されているTSファイルをHD-SDI信号に変換して出力(※1)
    • TSファイルOFDM変換機能【オプション】
      • 同録されているTSファイルをOFDM信号に変換して出力(※1)
    • TSファイルASI変換機能【オプション】
      • 同録されているTSファイルをASI信号に変換して出力(※1)

    • ※1:オプションは管理再生端末に実装となります
    • ※2:オプション選択ではパソコンはディスクトップ型となります
TSR-400シリーズ
TSR-400シリーズはお客様のご要望にお応えして、2つのタイプをラインナップしております。
TSR-400シリーズ(TS同録装置)
TSR-400S(1TS収録タイプ) TSR-400W(2TS収録タイプ)
HDD 3TB×12本 RAID6による冗長系
(実容量:30TB)
5TB×12本 RAID6による冗長系
(実容量:50TB)
寸法 W437mm × D648mm × H89mm(収録サーバ2U) (注2)
重量 約23.6kg
消費電力 最大920W
動作環境 温度:10-35℃ 湿度:8-90%(結露なきこと)
保存素材 ASI入力(TSアダプターへASI入力)(MUX出力もしくはRF受信機のTS出力、ノンスクランブル信号、33Mbps)
番組表 放送されたEPG情報を元に番組表を生成
アラーム出力 装置障害時に外部にアラーム出力
時刻補正 NTPサーバからの時刻情報で時刻補正
管理再生端末(基本構成1式)
端末 汎用パソコン(Windows8.1)(注3)
専用アプリケーションを実装したパソコンが1台標準で付属します
再生端末数 最大4台(同時再生可能端末)
操作性
  • 3ヶ月分の収録状況を含めたカレンダー表示
  • 再生開始時刻の設定が容易
  • 手入力による時刻指定が可能
  • 時刻スライドバーにて時刻指定が可能
  • EPGの番組タイトル情報からの番組選択再生が可能
保存可能メディア サーバに保存された番組を再生端末で下記形式で書き込みが可能
MPEG-2ファイル(MPEG-2デコードソフトを持つパソコンで再生可能)
DVD-Video(Windows DVD Makerを用いてDVDメデイアに書き込み、DVDプレーヤで再生が可能)
各種再生オプション 再生オプション選択ではパソコンはデスクトップ型となります。
  • 管理再生端末上にあるTSファイルをHD・SDI信号として視聴
  • 管理再生端末上にあるTSファイルをOFDM信号として視聴
  • 管理再生端末上にあるTSファイルをASI信号として視聴
カタログ

お問い合わせは下記までお気軽にご連絡下さい
(月~金曜日AM9:30~PM6:00)

NHKアイテック 営業本部
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-4-1
TEL:03-5456-4733


ご相談・ご質問・お見積り


TOP